明石市の不用品回収のブログ

55(ゴーゴー)リサイクル
不用品回収
2019年01月21日 [ゴミ屋敷片付け 明石市]

ゴミ屋敷を自力で片付ける方法

最近では女性でも片付けできない人が増えているようで、ゴミ屋敷という言葉も良く耳にするようになりました。
一昔前は専業主婦が当たり前で、ほとんどの女性の仕事は家事でしたが、現在は共働きが一般的で、結婚しても子供を産んでも仕事を続けたいと希望している女性は、過半数を超えたというデータもあるほどです。
良くテレビでゴミの収集癖があるおじさんのゴミ屋敷が紹介されていますが、一般家庭でもゴミ屋敷は問題になっているようです。
一般家庭でゴミ屋敷化する原因で多いのは、多忙や妻が病気になったケースで、そうなってしまった場合には、ゴミ屋敷を自分で片付けられるかどうかを見極めることが重要です。
ゴミ屋敷化してすでに生活が困難になっている場合は、専門の業者に依頼することをおすすめします。
特にお風呂やキッチンや洗面所が機能していない場合は、自分で片付けするのは無理だと諦めた方がいいでしょう。
部屋数が多くて、その全てがゴミ屋敷化している場合も、自分で何とかするのは無理な場合がほとんどなので、速やかに業者に頼って一刻も早く正常な状態に戻してください。
どうしても自力で何とかしたい場合も、このような状況に陥っている場合は、専門業者に相談して、片づけを手伝ってもらいましょう。
ゴミ屋敷を自力で片付ける場合は、必ず計画を立てましょう。
適当に片付けをはじめると、途中で諦めてしまう可能性が確実に高くなります。
誰が見てもゴミ屋敷の状態だと、まず1日で片付けをすることは無理だと判断してください。
なるべく人にも頼って、2日や3日と計画を立てて片づけをすることで、義務感が生まれて人目も気にすることで、ゴミ屋敷の片付けを成功に導きます。
もちろん専門業者に依頼すれば、確実にゴミ屋敷から解放されるので、多少の費用をかけてもこちらが最もおすすめです。

自分たちでは難しくなったゴミ屋敷の片付けを


明石市で念願の家を建てて、もちろんそこをゴミ屋敷にするつもりはありませんでしたが、子供たちの学費を稼ぐために妻が働き出すと、家の中がどんどん汚れ出して、手の付けられない状態になってしまいました。
年末にみんなで大掃除をすれば何とかなると思って逃げていると、完全にゴミ屋敷化してしまいました。
この度はゴミ屋敷をあっという間に片付けてもらえた上に、不用品の買取までしてもらえて、こんなに素晴らしい業者に巡り合えて本当にラッキーでした!

このページの先頭に戻る

PageTop