| 神戸市、明石市、加古川市の不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷片付けは55リサイクルにお任せください。

55リサイクル
  • HOME
  • LINE
  • MAIL

BLOG

2018年11月20日

ゴミ屋敷状態の家の中を片付けなくてはいけなくて

以前は祖父母が暮らしていた家で、これまでは父が所有していた土地建物を私が所有することになりました。
これまでは農地ということで、そこに自分の家を建てる発想はありませんでしたが、宅地に地目変更ができることになりました。
当初は家を解体して建て直しをする予定でしたが、知り合いの設計事務所に見てもらうと、予算内で家を完成させるにはリノベーションという方法があるということで、その提案に乗ることにしました。
しかしそうなるとほとんどゴミ屋敷状態の家の中の荷物を片付けなければいけなくて、今回いろいろな方法を模索して55リサイクルさんのお世話になることを決めました。
ここを選んだのには2つ理由があって、1つは遺品整理も専門にしてもらえると分かったからです。
家の中の荷物を処分するだけなら、家の中を解体してもらう業者さんにお願いする方法もありましたが、ほとんどは遺品ということで、ただゴミとして捨ててしまうことに抵抗があって、遺品整理業者を調べていると、明石市でゴミ屋敷の片付けもしている業者がヒットしました。
2つ目の理由は、祖父が残した農機具の買取もしてもらえることが分かったからです。
家に隣接する小屋にはトラクターやその他複数の農機具があって、ここのトラクターの買取率は何と90%以上ということで、その他の農機具でも何でもリサイクルできるものなら買取してくれるということでした。
事前に無料で見積りに来てくれて、遺品整理分と買取分の荷物をきちんと分けて、1品ずつ丁寧に査定をしてくれました。
トラクターや農機具に高値が付いた分、ゴミ屋敷状態の家の片付けの負担もなくなり、遺品でも使えるものには高値を付けてくれたので、ここを選んで本当に良かったと感謝しています。

安くゴミ屋敷の片付けと不用品の回収をしてくれる業者さんを探して


今度めでたく長年想い続けてきた彼女と結婚できることになって、新居を見つけてそれぞれ借りていた明石市内のマンションから引越しすることになりました。
彼女はキレイ好きなので、引っ越しも簡単に終えたようでしたが、私の部屋はキレイ好きの彼女が寄り付かなかった汚部屋で、彼女曰く完全なゴミ屋敷でした。
家財道具も古くて、彼女から新居には持ってこないように言われていて、ゴミ屋敷の片付けと不用品の回収を安くしてもらえる業者さんを探して55リサイクルさんを発見しました。

PageTop

各種カード
損保ジャパン
LINE
55リサイクル
無料見積もり