| 神戸市、明石市、加古川市の不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷片付けは55リサイクルにお任せください。

55リサイクル
  • HOME
  • LINE
  • MAIL

ビジネスブログ

2018年12月18日

即日でゴミ屋敷の片付けをしてもらえて助かりました!

3年前に結婚して、昨年明石市内で念願の注文住宅を建築して、夫婦仲良く暮らしていました。
そろそろ子供を作ろうかと話していましたが、急に妻の態度がおかしくなって、夜の方も拒絶されるようになり、耐えられなくなって理由を問い詰めると、私が浮気を疑われていることが判明しました。
もちろん完全な誤解で、絶対に浮気はしていないと何度行っても信じてもらえなくて、最初は全く心当たりもなくて険悪な雰囲気が続いていましたが、実は会社の女の子がふざけて送ってきたLINEを妻が見たことが分かり、誤解を解くために携帯電話を妻に渡して、中身を見せました。
しかし、どうせ都合の悪いやり取りは削除したんでしょう?と言われてしまい、潔白ならLINEを送ってきた女性と会わせるように要求されました。
さすがにそれはできないと伝えると、家を出て行ってしまい、そこから別居生活がはじまりました。
それまで家事は全部妻任せにしていて、綺麗な新築の家の中もあっという間に汚くなってしまい、何とか洗濯の仕方だけは覚えましたが、別居生活も3ヶ月を超えると、家の中がどんどんゴミ屋敷状態になっていきました。
これまで一人暮らしをしたことがなく、自分でもこんなに散らかるものかと驚いていましたが、誤解が解けたのか、急に妻から家に戻って来るとの連絡がきました。
しかしこのままだと絶対に怒られるし、最悪本当に離婚されてしまうかもしれないと思い、早急にゴミ屋敷の片付けをしてもらえる業者さんがないか検索すると、即日で対応してもらえる業者さんが見つかって、この度は大変ありがとうごいました。
お陰様で無事仲直りできました!

ゴミ屋敷の片付けをしてもらえて


都内でマンションを購入して妻が妊娠したばかりの時に、明石市への転勤を言い渡されてしまいました。
幸い緊急事態で期間は短いということと、都内には妻の両親もいてお義母さんが妻の面倒をみてくれることになったので、単身赴任することを選択しました。
2年くらいなら一人でも生活できると最初は思っていましたが、はじめての一人暮らしは結構大変で、早く本社に戻れるように仕事を頑張ったこともあって、借りたマンションの部屋は気づくと、足の踏み場のないゴミ屋敷状態になっていました。
ようやく東京へ戻れるようになって、どうやって引越しの準備をしようと悩みましたが、明石市の不用品の回収業者さんにゴミ屋敷の片付けをしてもらえて助かりました。

PageTop

各種カード
損保ジャパン
LINE
55リサイクル
無料見積もり