明石市 ゴミ屋敷 片付け No.6|神戸市、明石市、加古川市の不用品回収、ゴミ屋敷片付けは55リサイクルにお任せください。

55(ゴーゴー)リサイクル

明石市 ゴミ屋敷 片付け No.6

明石市 ゴミ屋敷 片付け

昔から母に汚部屋とののしられていて

昔から母に弟に比べてお姉ちゃんの部屋は汚部屋だとずっと言われていて、自分でも片付けが苦手なことは認識していましたが、まさか一人暮らしをしてゴミ屋敷になるとは思いませんでした。
はじめて彼氏ができて部屋に遊びに来たいと言われた時にはどうしようかと思いましたが、明石市でゴミ屋敷の片付けをしてもらえる業者さんが見つかって本当に良かったです。
不用品も回収してもらえたので今後は気をつけます。

段落

ゴミ屋敷した実家の大掃除と遺品整理を専門業者に任せることにして

母がまだ生きていた時は、明石市の実家に兄妹3人揃って日程を併せて年末に帰って家の大掃除をするのが恒例でした。
母は太陽のように明るい人で、妹たちもそんな母が大好きで尊敬していて、母みたいなお母さんになると昔から言っていました。
妹二人は結婚して子供がそれぞれ二人ずついますが、兄の私から見ても母に良く似て明るいお母さんになったと嬉しく思います。

母に対して父はこちらから話をしなければずっと沈黙が続く頭の固い融通の利かない頑固親父で、生真面目なところは尊敬に値しますが、そのため母が他界してからはだんだん兄妹が集まる機会も減り、今回父が亡くなるまでは恒例の大掃除も数年間していませんでした。

明石市 ゴミ屋敷 片付け

たまに父の様子を見に実家に帰ってくると、家の中がどんどん汚くなっていることは気づいていましたが、私たちがお邪魔するリビングルームだけは比較的物が少なくて我慢できる範囲で、父が亡くなり家中を確認してみるとそこは完全にゴミ屋敷状態になっていました。
リビング以外の部屋は出した荷物が全部そのままの状態になっていて、自分たちで片付けることはとてもできない状態でした。

父の遺体は実家に搬送してもらいリビングルームに置くことができたので葬儀が終わるまではそこに誰かがつくようにして、他の者は実家ではなく近くにホテルを借りてそこに宿泊していて、葬儀が終わった後は相続の話もしなければいけないので兄妹で相談して形見分けと遺品整理をすることにしてゴミ屋敷の片付けは業者さんに頼ることにしました。
あまり時間もなかったのですぐに対応してもらえる業者さんを探すと、遺品整理でも不用品の回収でも買取りもしてもらえる55リサイクルさんを下の妹が見つけてくれて、ほとんど1日で家の中を片付けてくれてこの度は誠にありがとうございました!

PageTop